ピックアップ導入に向けて

皆さん、こんにちは、メロウです。

先日、ピックアップを導入するとギターの録音環境が格段に良くなる、という話をしました。
しかし、ピックアップのない生ギターを愛用されていれば、そのギターに穴を開けてまで導入するのはためらいがあると思います。

私自身も現在のピックアップを取付けるまで、色々と調べた上、それなりの覚悟を決める必要がありました。
ですから、生音の素晴らしいギターであれば、あえてピックアップ加工をオススメするわけではありません。

でも、もし私が、マダガスカル・ローズやインディアン・ローズを使った高級ギターを新たに購入したとしても、マイク録音の煩わしさやエフェクターの活用を考えれば、きっとすぐにピックアップを取付けるだろうと思います。

そんなわけで、迷っておられる方への参考になればと、私がピックアップ導入に至った経緯や実際の加工方法、使用中のピックアップについての評価などについて、今回から数回に渡ってレポートしてみたいと思います。

最終的に加工をするかどうかは皆さんの判断ですが、比較的慎重な私が、加工に至るまでに踏んだ段階などが参考になれば幸いです。

第一段階:録音後のソフトウェア・エフェクターによる加工

そもそものきっかけは、ギターの生音に少し飽きが来て、ソフトウェア・エフェクターで音色を加工するようになった事でした。
それも最初は録音後に音源を加工する事が中心でした。

Audacityなどのソフトウェアを使えば、簡単に様々なソフトウェア・エフェクターが試せます。
ピックアップ検討の第一段階として、録音したデータにエフェクター効果を加えてみるのは、出費もかからないので、ぜひお試し頂きたいと思います。

具体的な方法をAudacityを例にとって紹介してみます。
Audacityをインストールされていない方は前の記事を参考のインストールして下さい。

Audacityには標準でリバーブの他、エコー・ワウ・フェイザーなどのエフェクターが搭載されています。
また、イコライザーやコンプレッサー、増幅やノイズ修正など、すこし毛色の違う機能も同じくエフェクターとしてまとめられています。

今回は、練習として標準のリバーブをテストしてみることにします。
リバーブは残響効果を出す機能で、音源にコンサートホールなどで演奏しているような疑似効果をかけることが出来ます。

実際にリバーブをかけると、次の様になります。サンプル音源は、『Hey Jude』の出だしの部分です。

コンデンサーマイクによる原音・・・ちゃんとしたマイクがなかったので、かなりテキトーな環境です^^;

Audacityのリバーブ(デフォルト設定)をかけるとこの様になります。

同じリバーブでも効果は様々で、外部からエフェクタ(フリーVST)を取り込んで使うとこんな感じにもなります。

リバーブを少しかけるだけで、ひどい演奏でもそれなりに聴けちゃうようになるのが分かるかと思います。

Audacityでリバーブをかけてみる手順は以下の通りです。
普段は必要ありませんが、複製を作成して加工前と加工後の効果を確かめる手順を含んでいます。

なお、テスト用の音源は、ご自身で録音されたデータか、サンプル音源をダウンロードしてお使い下さい。
サンプル音源 ← 右クリックから「名前をつけてリンク先を保存」でダウンロードする事ができます。

1)元になるデータをAudacityに録音するか、サンプル音源を読み込込みます。(Audacityの使い方はこちらを参照)
2)波形データをダブルクリックして全体を選択します。
3)メニューから編集 → 複製をクリックして、エフェクトをかける前とかけた後を比較出来るよう複製を作成します。(下図左)
4)作成直後は両方のデータが選択されている状態なので、複製した方の波形データをダブルクリックして選択します。
5)メニュー → エフェクト → リバーブでリバーブ設定ダイアログを開きます。
6)リバーブ設定ダイアログから管理 → 出荷時プリセット → デフォルトを選択します。(下図中)
7)OKボタンをクリックすると選択範囲にリバーブがかかります。(プレビューボタンで効果を確かめる事も可能です)
8)再生したい方の波形データのソロボタンを押します。反対側のデータは自動的にミュートになります。(下図右)
9)カーソルを先頭に戻し再生ボタンをクリックしてデータを再生します。再生途中でもソロとミュートの切り替えが可能ですから、簡単に加工前と加工後を比較できます。

  

元のデータはいくつでも複製が作成できます。また、いつでも操作を元に戻せるので、色々なエフェクト効果を簡単に試す事ができます。

一通りの操作手順が分かったら、パラメータを変えてリバーブのかかり具合を試してみてください。
管理 → 出荷時プリセットにはデフォルトの他、バスルームや大聖堂など、いくつかの場面が登録されています。

好みに応じてパラメータを変更することもできます。それぞれのパラメータの意味は以下を参考にして下さい。

ルームサイズ:演奏空間の大きさで、値が大きいほど残響が大きく広がります。HoleやRoom等でサイズを指定するリバーブもあります。
プリディレイ:反響が始まるまでの時間で、0で原音と同時に反響が始まります。値が小さければ硬い壁、大きいと柔らかい壁のイメージです。
残響:残響音の長さで、値が大きいほど残響音が長く続きます。一般的なリバーブではDecayやReverb Timeと表現されることが多いようです。
ダンピング:残響音の減衰する程度を指定します。値が大きいほど残響音の減衰速度が早くなります。
トーンLow:低音部の割合で、値が下がるにつれて低音が抑えられます。イコライザー(EQ)のLow設定に相当します。
トーンHigh:高音部の割合で、値が下がるにつれて高音が抑えられます。イコライザー(EQ)にHigh設定に相当します。
ウェットゲイン:ウェットはエフェクトが効いている事を表す用語で、この値が大きいほどエフェクト効果を加えた音の割合が大きくなります。
ドライゲイン:ドライはウェットの反対で原音を表し、この値が大きいほど原音の割合が大きくなります。
ステレオ幅:左右のが独立して反響する割合で、値が小さいとステレオ感が薄くなります。ステレオデータの場合のみ有効です。
ウェットのみ:チェックを入れるとドライ音がカットされます。

気に入った設定はリバーブ設定ダイアログの管理 → プリセットの保存で名前をつけて保存できます。
また、加工後の演奏データを保存したい時は、編集 → MP3形式で書き出しで保存します。

Audacityに標準で搭載せれているリバーブだけでも充分な効果を出せますが、外部からフリーのリバーブなどを取り込むと、また味の違ったエフェクト効果を楽しむ事ができます。
次回は外部エフェクタ-のオススメや、Audacityへの取り込み方などを解説してみたいと思います。

数年前から動画投稿しています。よろしければも覗いてやって下さい。