私にとってのギターが上手くなるために必要な事

全般メソッド

皆さん、こんにちは、メロウです。

気の向くままにギターの事をあれこれ書いているこのブログですが、我ながら有益な情報は少ないなぁと思うこの頃です。
録音機材やエフィクターの紹介なども順次行う予定ですが、使っているのが最新機種というわけでもありませんし、それでも使用前後の音の変化くらいは録音した方がいいだろうから、手間がかかりそうなのも悩ましい所です。

ところで、突然ですが、ギターが上手くなるためには何が必要でしょうか?
もちろん目指す方向や演奏ジャンルなどによっても変わってくるとは思いますが、趣味でソロ演奏を楽しむ、ことを目標とするなら、

  1. 出来ない部分に重点をおいて、できるだけ毎日練習すること
  2. 自分の演奏を録音して聴き直したり、ビデオに撮って観察すること
  3. 1曲を最後まで、つまらずに弾けるようになること

の3つがとても大切だと思っています。

他にも、メカニカルな反復練習を繰り返す事、とか、様々な楽曲をコピーしまくる事、とか、コード進行や音楽理論を覚えるい事、とか、何より場数を踏むのが一番、というようなご意見もあろうかとは思いますが、それはそれとして・・・

上記の3点は、つまるところ練習の仕方や考え方の問題で、ギターを長く続けるためのコツにも繋がっているような気がします。

本来出来ないことを出来るようにするのが練習です。
うまく弾ける部分を気分良く演奏するのは楽しい事ですが、出来るところを何度も弾いても、それ以上の上積みはあまり望めません。
逆にうまく演奏出来ない部分を繰り返し練習するのは辛い事ですが、そうした小さな壁が意欲を掻き立ててくれる源だともいえます。

欲しいものは実際に手に入れた時より、手に入れるまでの過程が楽しいのと同じ様な感覚かも知れません。

ただ漠然と出来ない部分を繰り返し練習する事も必要ですし、時には上手くできない理由を考えた方がいい場合もあります。
運指や手の向き、支点の取り方、力の入れ方抜き方、集中すべきタイミングなどを工夫することで、案外ヒントが見えてくるものです。

全く演奏できなかった部分が、ある日突然、自分でも「あれっ」と思うくらい、あっけなく弾けるようになっているのは楽器あるあるの一つで、その感覚を一度でも会得すればしめたものです。
ところが案外、難しい部分は難しい部分として、それなりに誤魔化した演奏で満足している事は多いものです。

出来ない部分を、工夫しながら、何度も繰り返し練習していると、いつの間にかその部分が得意な部分になっている事もあります。
脳みそって不思議で、一旦コツが掴めると、神経回路がうまく繋がりだすんですね。

練習する時も演奏を録音する事はとても効果的です。最終的には録画して保存するにしても、普段は絵のない録音がおすすめです。
新しい曲に取り組み始めた初期の段階でも録音しながら練習し、時々聴き直すと効率が上がります。

1曲を通してみると、どうしても苦手な部分は早くなりがちですし、後半に行くにつれ徐々に演奏が早くなってしまうのも一般的な傾向です。
実際、プロや上級者との決定的な違いは、心地よく乱れないテンポの維持にあると思っています。

いくらテクニックがすごくても、テンポがところどころズレていると上手く聴こえないものです。
もちろんメトロノームを使うのはとても効果的ですが、リズムやテンポは一定だったらいい、というものでもないのが難しいところです。

録音はスマホでも簡単にできますし、専用の機材も色々とありますが、できればパソコンを使うのがおすすめです。
操作が面倒だったり容量に制限があったりすると、録音するのが億劫になりがちですが、パソコンなら常時録音しっぱなしでも気にならず、気が向いた時にいつでも、聞き返したい部分を簡単に再生できます。

ちなみに私は、録音はすべてAudacity(オーダシティ)というフリーのソフトウェアを使っていますが、この優れたフリーウェアについてはいずれ詳しくご紹介したいと思っています。

練習の目標として、取り組んでいる曲を最後までつまらずに弾けるようになる事も、とても大切な要素です。
イントロや間奏を含め、フルコーラスを最後までつまらずに演奏できるようになるのは大変ですが、そうすることがとても大きな自信に繋がります。

1曲を完成させ、最後は録画して保存できれば、それまでになかった達成感が得られ、新しい曲にチャレンジする意欲も高まります。
ところが、そこそこ弾けるようになった事に満足し、次から次へと課題曲を変えたり、特定のフレーズだけをマスターする方法では、いつまで経っても達成感は得れらないような気がします。

あともう一息、というところまでは行けても、そこで突然プレッシャーがかかって指が動かなくなってしまったり、頭が真っ白になったりするのもありがちな事で、最後まで弾ききるには結構な集中力も必要になります。
途中まで上手く演奏できていると、返ってプレッシャーが大きくなったりしますが、それは高揚感を伴った、ある意味とても心地よい状態だとも言えます。

ところが、最後まで弾き切ることを目指していないと、そうした感覚を持つ事もなく終わってしまいます。
人前で演奏するわけでもないから、そこまでしなくても、と思うかもしれませんが、それをするかしないかの差は歴然です。

ギターの楽しみ方は人それぞれですし、どんなやり方でも構わないとは思いますが、ある曲に取り組み始めたら、少なくとも一度は最後までつまらずに弾けるようにする事は、どんな練習より多くの自信を与えてくれるかも知れませんよ。

数年前から動画投稿しています。下手な演奏が皆さんの勇気に繋ながるかと思いますので、も覗いてやって下さい。