プラグイン・エフェクタを使ってみる

ソフトウェア機材

皆さん、こんにちは、メロウです。

前回、録音後のデータにAudacityでリバーブをかけてみる方法を紹介しましたが、リバーブをかけた印象は如何でしたでしょうか?
良い生ギターの生音は格別のものがありますし、特に弦を交換した直後の生音はとても好きなのですが、少しリバーブをかけるだけで、生音だけでは出せない音の広がりが生まれます。

実際、Youtube等で見かけるギター動画でも、気持ちよく聴こえるソロ演奏の多くはリバーブがかかっています。
自身のこだわりはどうであれ、聴き手側から見れば、アコギのソロでは、もはやリバーブが欠かせない存在かもしれません。

特に宅録では、ギターの弦がスチールであれナイロンであれ、リバーブなしで聴かせるには、相当の腕前はもちろんの事、ギター・弦・録音環境などが揃わないとなかなか難しいように感じます。

とはいえ、リバーブもかけすぎると、生音の良さを消してしまったり、暑くるしい演奏になりがちです。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとし、なのですが、最初はどうしてもかけすぎる傾向があります。
曲によっては、はっきりとエフェクターを押し出した方が効果的な場合もありますが、基本的にはエフェクトのかけ過ぎに注意したいところです。

第二段階:録音後のプラグイン・エフェクターによる加工

さて、前回テストしたAudacityのリバーブは、比較的おとなしく上品なリバーブで、パラメータをいじってもそれほど面白みがありません。
そこで、今回はフリーで使えるプラグイン形式のエフェクターをダウンロードして使う方法を紹介してみたいと思います。

音源を加工するエフェクト機能には空間系・揺らし系・歪み系など多くの種類がありますが、アコギでは空間系のリバーブの他は、揺らし系のコーラスくらいで充分です。
リバーブのかけすぎと同じ様に、たくさんの種類を使いすぎると生ギターの良さがなくなってしまいます。

というわけで、まずは私が好んで使っている現役のプラグインをご紹介します。

リバーブ
Mo Verb
かなり作り込まれたリバーブで上質なリバーブがかかります。パラメータが分かりやすく自分好みの効果を作りやすいのもポイントです。効きが良いので図の様な設定で薄めに使うのがオススメです。
上記リンクの一番下にあるDownloadボタンから直接ダウンロードできます。
Freeverb Too
シンプルな作りですが、とても自然なリバーブがかかるので気に入っています。プリセットも豊富ですが、余りいじらずInitで使うのがおすすめです。
上記リンクの一番下にあるDownloadリンクからダウンロードページに移動し、Freewareバージョンをダウンロードします。
Ambience
フリーのリバーブとして歴史があり、デザインも洗練されています。パラメータが豊富なので慣れが必要ですが、嫌味のないキレイなリバーブをかけられます。
上記リンクからOSに合わせたものをダウンロードできます。
コーラス
Acon Digital Multiply
名前の通りいくつかの機能をもったマルチエフェクターですが、コーラスが気持ちよく使えます。パラメータを図のように調整し昔のTCのコーラス風にして使っています。
上記リンクからOSに合わせたものをダウンロードできます。ダウンロードされるのはexe形式のインストーラです。
BC Chorus
パラメータが少なめで操作のわかりやすいコーラスです。音質は爽やかですが、かなり効きが強いのでごく薄めにかけるのがポイントです。
上記リンクからOSに合わせたものをダウンロードします。ダウンロードされるのはexe形式のインストーラです。
使い方

dll形式のものはダウンロードしたファイルをAudacityのplug-insフォルダに移動(コピー)します。
exe形式のものはインストール後、Audacityのplug-insフォルダにdllファイルをコピーします。(BC Chorusはデータのコピーも必要です)


その後、Audacityからメニュー → エフェクト → プラグインの追加/削除をクリックするとプラグイン管理ダイアログが表示されるので、必要なエフェクト機能を有効化すれば使用することができます。
それぞれのエフェクトはAudacityに搭載されているリバーブの使い方と同じですが、プラグインエフェクターの設定ダイアログにはすべて下図のボタンが並び、どのエフェクターでも同じ様に使えるので便利です。

一番左のアイコンでプリセットの呼び出しやパラメータの保存ができます。
次のプレイマークではエフェクトを掛ける前にプレビュー(プレリスン)ができます。

リバーブだけでなく、コーラスをほんの少し加えてやると、音に奥行きが出るので試してみてください。
リバーブとコーラスを両方かける場合は、一般的に空間系のエフェクトは最後にかけるので、コーラス → リバーブの順がおすすめです。

なお、どのエフェクターでも何度でも繰り返しかけられるので、リバーブをかけた上から別のリバーブをかけるような事も可能です。

今回取り上げたエフェクター以外にも、素晴らしいものがたくさんありますが、最終的には好みの問題です。
こだわりだすとキリがありませんし、ソフトはソフト、という部分もなしきにもあらずで、多くの方がいずれはハードウェア・エフェクターに移行する傾向があります。

それでも、下手な有料プラグインより余程良く出来ているこれらのプラグインを使ってみない手はありません。
その上、プラグイン形式のエフェクタなら、録音後に加工するだけでなく、それをインサートやセンド・エフェクトとして使用し、エフェクトを加えた音を直接録音したり出力する事も可能です。

これはピックアップを導入する前段階として充分に活用できるるテクニックです。
そんなわけで、次回はそのための方法などを解説してみたいと思います。

数年前から動画投稿しています。よろしければも覗いてやって下さい。

『プラグイン・エフェクタを使ってみる』 に対するコメント

  1. zizi 様より:

    はじめまして
    いつも楽しく拝見させていただいてます
    内容もですが、わかりやすい構成やお人柄がにじむような文章も
    とても気持ちがよいです

    ソフトウェアリバーブもAUDACITYを使い始めた頃はよく使っていましたが
    最近は「録音後の一手間」がめんどくさくなって(笑)
    ハードウェアに移行してしまいました
    でも、この記事を見てますと結構くすぐられますw
    音作りの楽しさはソフトもハードも同じですね
    数年前のドキドキがよみがえるようです
    楽しい記事をありがとうございました!!!

    • MellowZone より:

      ZiZi様、コメントありがとうございます。
      アクセス数は少しづつ増えては来ているのですが、これまでコメントやお問い合わせが一件もなかったので、ブログや文章のスタイルに一抹の不安を感じていた折でした。

      私もハードウェア・エフェクタがメインですが、弦の古さを補うために^^;たまにソフトを使ったりしています。
      でもまぁ最近は、それほどこだわりがなくて・・・

      ピックアップを取付ける以前の事を思い出しながら記事を書いていますが、普通に生音だけで楽しめた頃が懐かしいですね。