2019-02-24

サウンドハウス
サウンドハウス

つけ爪を使い始めた頃

2019.02.24 ギターと体の関係

皆さん、こんにちは、メロウです。

早速前回に続き、現在私が採用している爪のケア方法についてお話ししたいと思います。

ギターを弾くための爪のケア方法には色々ありますが、スカルプチャー系は私には合わない方法でした。
ある製品では爪が本当に皮膚の一部だと実感するくらいふにゃふにゃになり、爪が伸びても自爪で演奏することが全く出来なほど痩せてしまいました。

塗装などに使うシンナーやアセトンにはかなり強い体質であるにも拘わらずです。
爪に優しいと謳われている商品でしたし、使用方法を間違っていたわけもなかったのですが・・・

そもそもの問題として、私は仕事内容やスポーツなどをする日常生活で、爪を傷つけたり痛めやすいという事実があります。
ですから当然の帰結として、頻繁に爪を修正する必要があるため、爪への負担も大きかったのかも知れません。

普段から事務作業くらいでしか指先を使わない方なら、スカルプチャー系のケア方法でも一度処理すれば何日も持ちしますから、問題はないのかも知れませんね。

そのあと試したつけ爪は、両面テープで貼り付けるタイプだったので爪への悪影響はほとんどありませんでした。
そういう意味では、比較的私に合っている方法なのかも知れませんが、前回お話しした通り「なくす」ことが多いという問題がありました。

実はそれ以外にも不満に感じていたことがあります。
それは貼り付け方次第で微妙に爪の角度が変わってしまうため、その都度微調整が必要になることです。

全文を読む…