最適なつけ爪を発見

ギターと体の関係


その上、むしろそうした方が比較的平面的な私の爪にはよりフィットする形状になります。
ふむふむ、次回からは一番幅広のサイズだけ購入すればいいのか・・・問題がひとつ解決しました。

ならばいっその事、DIYのお店で購入できるセルロイド板を好きなサイズにカットして利用出来ないか、と試してみました。
セルロイド板の厚みもいくつか選択肢があるので、うまく行けば画期的です。

しかし、爪は上下左右に微妙なアールで湾曲しているため、ピッタリフィットするように曲げるのが結構大変で、数をこなすのはとても無理という結論に至り断念しました。
まぁ、何事も試して見ないと始まりませんから、これも勉強です。

そうしてそろそろ在庫も乏しくなってきた頃、どうせならもっと安いつけ爪がないかと検索していたら見つけちゃったのです。
最安値のお店ではなんと50枚入りで350円程度、品質的にはAriaのものより若干薄い気はしますが、その分自爪に近い感触があります。
しかも湾曲の強いオーバルタイプと比較的平面的なフラットタイプが選べます。

といってもネイルアート用に作られている商品なので、一般的な男性が使用する場合オーバルタイプは湾曲が強すぎて利用できません。
フラットタイプでも平面的過ぎるということはなく、ギターを弾くには女性でもフラットタイプの方が良さそうです。

サイズも10種類と豊富ですが、一番広いサイズだけ購入すればいいのを学習済みですから、それで迷う必要はありません。
メール便にも対応していますし、まとめ買いすれば送料も無料になります。
合わない方もいるかも知れないので、初回からまとめ買いはお薦めしませんが・・・

単純計算で一枚あたり7円ほど、4本分合わせても30円未満、これなら惜しまずジャンジャン使えます。
取り扱っているネットショップはいくつかありますが、下のお店が最安値なので私はいつもここで購入しています。