爪のケア方法とその問題点

ギターと体の関係

皆さん、こんにちは、メロウです。

前回は少々残念よりな私の手や指についてお話しましたが、今回は少しはお役に立てそうな爪についての話をさせて頂こうと思います。

クラシックギターやアコースティックギターでソロ演奏をする場合、爪のケアは欠かせません。
金属製やプレスティック製のフィンガーピックやアラスカピックなどをお使いの方もいらっしゃるかと思いますが、どれも一長一短があります。

自爪に優るものはないのは確かで、私の場合、どのようなピックでもその装着感が気になり、積極的に使おうという気にはなりません。
ギターを伴奏用として利用するのであれば、しっかりとした音量を確保するためにも有効な手段かも知れませんが、こうしたタイプのピックはソロ演奏にあまり向いているように思えません。

といっても、親指につけるサムピックはソロでもうまく活用出来ますし、それ以外のピックも気持ちよく使えるのであればそれで問題のない話ですが・・・

アコギでソロ演奏をされる方が良く利用される方法に、

私もいくつか試してみた時期がありましたが、どれも手間と費用がかかる上、爪にも良い影響がありませんでした。
爪への影響は個人差があるので一概には言えませんが、私の場合、使うたびに爪が痩せていきました。

費用も頻繁に使うとギター弦の代金と変わらないくらいになります。
また普段から細かいネジや釘を使った作業をする私は、気をつけていてもすぐに爪を傷つけてしまうので、形成に手間がかかるのもとても困ります。

といわけで、私にはどれも向かない方法でした。

スカルプチャー系以外では、KITAGAWA Guitar Nails & Picks といギターピック専門店では、自分の爪を計測しつけ爪をオーダー発注できるサービスもあり、材質もアクリルやべっ甲などから選ぶことが出来ます。
こちらも一度利用したことがありますが、作業やゴルフをしていると、知らない内に剥がれて失くすことが多いのが問題でした。

白甲 (亀のお腹側の甲羅) で出来たつけ爪。1枚2100円もします。

基本的には両面テープで固定するので、なくさなければ何回でも利用できるのですが、それは事実上不可能だといえます。
ギターを弾く都度貼り直すのは面倒ですし、貼り付け方次第で毎回爪の当たり具合が微妙に変化するので、普通は一旦貼ったら剥がれるまでそのまま使うようなります。で、いつの間にか失くしてしまう、というわけです。

費用的には一番安いタイプなら一枚200円程度ですが、失くすことを前提にすれば馬鹿になりません。
というわけで、これも継続利用とはなりませんでした。

しかしながら何らかの処置をしないと、短く切りそろえた爪ではとてもギターは弾けないので、私にとって爪は悩ましい問題でした。

そうした経緯を踏まえ、2年ほど前から現在採用している方法を使う様になり、今ではほとんど爪に悩まないで済むようになっています。
費用も極わずかで済み、手入れも簡単、爪にもそれほど負担がかからない、という私にとっては理想的な方法です。

といっても、ある意味ありふれた方法ですし、誰にでも合うわけではないとは思いますが・・・
次回からその方法について詳しく紹介させて頂こうと思います。

数年前から動画投稿しています。よろしければも覗いてやって下さい。