これまでのギター遍歴 ゆる~い時代編

ギター本体ギター遍歴

スチール弦のフォークモデルと

さて、そのサイレントギターですが、ネックが薄く、スケールも643mmと短め、ボディーはフレームだけなのにバランスもよく、とても弾きやすいギターです。
弦高は一杯まで下げていますが、構造的に反りが出にくいので、全くビビることもありません。

右の動画は頑張ってやっていた頃の練習動画です。練習中はいつもビデオを撮ってスイングのチェックしていましたが、上達のためにはとても効果的でした。